スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他にはこんな記事も読まれています

嬉し恥ずかし温泉旅行~後編~

どうも、コバルトです。

京都で一泊してから目的地の兵庫県まで行くのには大阪を経由しなければいけません。

そんなわけで京都-大阪-兵庫と電車に揺られること4時間。

城崎温泉

やってきました城崎温泉!

あの某議員さんの謝罪会見で有名になったところですね笑

・・・というか特急電車って切符とは別に特急券が必要なんですね・・・。

私のトコには特急電車なんてありません!快速電車だけです!

しかも私の家の最寄り駅には止まらないという。

まあそんなわけで城崎温泉へやってきたのですが、平日でも観光客でいっぱい。

飲み湯

駅の前に「飲める温泉水」というのがありました。

さすが温泉地!喉かわいてたんだ~~・・・って塩っぱ!

海が近いせいなのか分かりませんが塩っぱかったです。

駅からバスで揺られること数分、目的地の旅館へ到着しました。

チェックインを済ませ、部屋に行こうと思ったら仲居さんが荷物を持ってくださりました。

部屋まで歩いていくまで仲居さんから質問攻めにあいました笑

こらそこ、いちいち答えなくてよろしい。

お部屋

お部屋はこんな感じ。まあよくある和室ですね。

とりあえず部屋でのんびりくつろぎながらお茶を飲んでいると

仲居さんが絶妙なタイミングでお茶のお代わりを持ってきます笑

・・・どこかで見られてるんじゃないでしょうね笑



ここ、城崎温泉では7つの外湯が有名で、どこでも何度でも入り放題。

館内の内湯は外湯の維持費の都合で大きさに制限があるので

主に観光客は外湯を楽しむ方が多いようです。

そりゃま、外湯より内湯のほうが立派だったら誰も外湯なんて行かないよね笑

とりあえず適当に感想を書いていこうかなーと思います。


①さとの湯
駅前にある温泉。
大浴場の他に各種サウナもあり、良くも悪くも普通のスーパー温泉。
浴場の2階にある展望露天風呂はなかなか良かったです。
他にも蒸し風呂や寒いペンギンサウナなどいろいろ楽しめました。

②地蔵湯
7~8平方メートルくらいの大きな湯船が一個ばーんとあるだけの温泉。
貸切風呂をメインに取り扱ってるためか大浴場はシンプル。
有料だったので貸切風呂は利用しませんでした。

③一の湯
城崎温泉の中心部にある城崎の象徴とも呼べる温泉。
大浴場の他に洞窟風呂というものがあり、露天風呂が洞窟の中にあるのが大きなポイント。
男湯女湯がしきり板で区切られており、隣の会話がよく聞こえます。
私が入ってるときに隣で大学生…でしょうか3~4人の話し声が聞こえてきて
『一番面白いお笑い芸人は誰か』みたいな話をしていました。
最終的に『サバンナ高橋』と『スピードワゴン小沢』の2人に絞られていました。
・・・なぜその2人になる。
サバンナ高橋の「あか~~~ん!」っていうモノマネは割と上手でした笑

④御所の湯
温泉の裏が滝になっているのが特徴。
露天風呂からは滝が良く見えます。
なぜかここだけ異常にお湯の温度が熱かったです。
熱い湯船が好きな私でも熱いと感じられるくらい。これはこれで悪くないかも?

⑤鴻の湯
庭園風呂と呼ばれる広めの露天風呂が特徴。
ただ、私が入ってるときは軽く雨が降っていたので
下半身は温かくて上半身は寒いという事態に。
これがホントの頭寒足熱。何か違いますね笑

⑥まんだら湯
少し狭めの大浴場に桶風呂と呼ばれるお風呂が一つ。
桶風呂はホントに狭くて足湯状態になっていました。

⑦柳湯
私が訪れたときは休湯日でお休みでした。


各温泉にはそれぞれ別名があって

さとの湯は『ふれあいの湯』
地蔵湯は『家内安全・水子供養、衆生救いの湯』
一の湯は『合格祈願・交通安全、開運招福の湯』
御所の湯は『火伏防災・良縁成就、 美人の湯』
鴻の湯は『夫婦円満・不老長寿、しあわせを招く湯』
まんだら湯は『商売繁盛・五穀豊穣、一生一願の湯』
柳湯は『子授安産、子授けの湯』

だそうです。

今回私は柳湯に入られなかったので柳湯の加護は受けられない・・・のかな笑

飲み湯2

途中に何個か飲み湯場や足湯がありましたが、一度飲んで塩っぱい思いをしましたのでスルー。



さて!旅館に戻ってもお風呂に入ります。

貸切

そう!貸切露天風呂!

宿泊客だけが入られる貸切のお風呂です。

もちろん混浴。家族揃って、お友達同士で、カップル同士で水入らずでくつろげます。

チャックインして入る時間をあらかじめ決めておくと

その時間帯だけは私達でお風呂を独り占めできます。

・・・撮影禁止とは書いてなかったので写真撮っても大丈夫だよね?笑

脱衣所

扉を開けると小さな脱衣所があります。

脱衣所に鍵をかけたら浴衣を脱ぎます。そりゃま、第3者に突入されたら一大事ですからね。

お風呂

扉を開けるとこんな感じの道が。

なんだかどきどきしますけど寒いので小走りで進みます。

お風呂2

こちらが貸切風呂。

ん~・・・狭い!大人二人で満員かな?

それにしても静かで落ち着きますね・・・。

私達の他には誰も居なくて、お風呂を独占。

なんだかいい雰囲気ですけれど、あんまり長居は出来ません。

1組40分と時間が決められているので温まったらさっさと上がりましょう。


ふとん

部屋に戻ると布団が敷かれていました。


…なんだか近くないですか?


いやまぁ…うん。変な笑いが出ました笑

・・・・・・・・・おやすみなさい。



そんなこんなで城崎温泉を満喫することが出来ました!

写真を撮るのを忘れましたがご飯もとっても美味しかったです。

蟹と但馬牛が有名で食事の面でも大満足。

温泉旅行っていいものですね。

最後に1句
『朝靄の 徐々に晴れゆく空の下 一緒に歩く 城崎の町』 こばると



オマケ

シャワーシーン

「コバルトの入浴シーンは無いのかよ!!」って声が聞こえてきそうなので1枚。

次回からはバッチリPSO2の話を書いていきますよ!


↓気に入ったらポチっと投票お願いします!



いつもクリックありがとうございます!



前編の写真のサイズが大きすぎてサイトがすっごい重いという意見をいただきました
後編は画像のサイズを小さくして重さを軽減
画像の圧縮はしたつもりでしたがまだまだ甘かったみたいです
どうか許してください!何でもしますから!
他にはこんな記事も読まれています
Category: コバルト

コメント

旅行先でお風呂回りなのか
息抜きにはちょっど良さそう

2015/02/12 (Thu) 23:42 | ニコ #- | URL | 編集

>>ニコ
温泉旅行なんてそんなものですよ笑
オススメです!

2015/02/13 (Fri) 20:07 | コバルト #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。